Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
[`buzzurl` not found]

先週の金曜日、be-bitさんにてWEBサイトの効果測定に関する無料セミナーがあったので聞きに行ってきました。
内容自体はごく基本のことだったんですが、すごく分かりやすかったのでメモ。

・日常的に回すPDCAは「入口」部分
・流入のカテゴリー分けはニーズで
・属性把握はそのあと
・WEBのユーザー情報と自社DBのユーザー(顧客)情報をきちんと紐付ける。
・本当の「落ち率」を知る
・刈り取りだけじゃなくて再訪の質で種蒔きの効果もしっかりとろうね
て、とこでしょうか。
(まとめすぎ??)
ちなみに事例で紹介されていたAction部分はほぼA/Bテストについてでした。
確かにこのA/Bテストって、こういうところ(パートナー先)から提案しない限り、企業側からはやろうという試みって少ないかも。
どうしても最初からベストなものをリリースしたがるので、運用しつつベストな方向に持っていく、っていうことがそもそも思いつかないのと、あとは費用感の問題ですね。
(ホントは他にもあるんだけど、まぁ。)
あと、やっぱり後半の顧客情報とWEBのユーザー情報の紐付け。
これが出来ずに「効果」を求めるサイトがやっぱりまだまだ多いのかなぁ、という感じです。
自分の振りかえりにもなる、良いセミナーでした。
あ、ちなみにbe-bitさんのコラムはいつもチェックさせていただてます。
ユーザビリティ実践メモ 【わかりにくい1クリックよりも、わかりやすい2クリック】
http://www.bebit.co.jp/memo/2010/01/12.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...