Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
[`buzzurl` not found]

どうもお久しぶりです。lolipop×wordpreesなブログですどうも(ぁ

転職して1年、会社のデスクには卓上カレンダーの私物は以外は置いていなかったんですが、とうとうこいつらを飾る事にしました。

282cc4120fd611e3ac6722000aa80125_6

タチコマ3匹。家にはもう3匹おります。

ツミコレでございます。(↓amazonリンク)

 

でもね、デスクに来る人来る人悉く 「・・・なにこれ??」 って言われるわけですよ。

過ごしてきたコミュニティの違いって怖い。

で、「喋るの?」「喋りますよー」「へー。気持ち悪い!」っていうやりとりが大体デフォ。
(あ、この『気持ち悪い』ってわりと笑い話的な軽い感じですよ、あくまでも。)

でもこの、“ロボットが喋る=気持ち悪い” って言う感覚はわりと共通のようでして。

介護ロボットとか認知予防とかにありそうなんですけどね。喋るロボット。

ルンバの機能にもありそうなのに、と思って軽くググってみました。

 

そしたら既にシャープから出てるんですね、喋る掃除機。

音声認識は、日本の標準語、関西弁、英語、中国語の4カ国で、認識言語数は各30語ほど。ココロボ本体には約50種類の台詞が登録されている。COCOROBO(ココロボ) RX-V100

ダンスもするらしいよ。

売り上げはこんな感じ。
国内のロボット掃除機市場は2018年に90万台に – シード・プランニング調査
まぁダントツはルンバですね。

掃除ロボットに限らず会話ロボットありましたねそういえば。
http://kibo-robo.jp/robot/type1.html

会話するように見えないものが会話すると「気持ち悪い」になるのかなぁ。
何か「しっくりこない」って感覚なのでしょうけど。

 

すみません、オチはないです。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...